あしずり遍路道
あしずり遍路道
  (第38番札所) 金剛福寺
   場所:土佐清水市足摺岬

四国最南端の第38番札所。
弘仁13年(822年)、嵯峨天皇の勅願によって、弘法大師が三面千手観音を本尊として弘仁14年(823年)にできたものです。
歴代天皇の勅願所で皇室や藩主の尊崇あつく、境内には多宝塔、十三石塔、逆修の塔など多くの文化財が伝えられています。
※IE6など地図が表示されていない方はこちらから
あしずり遍路道
あしずり遍路道
もどる Copyright 土佐清水市観光協会 All Rights Reserved.