遍路道散策
 遍路道は古来より住民が利用していた往還道を、足摺岬38番金剛福寺建立後、遍路が利用するようになった道が始まりと考えられております。
 貞享四年(じょうきょう 1687年)「四国遍路道指南」を真念法師が、また、元禄二年(1689年)高野山の僧により「四国遍礼霊場記」が発行されたことにより、四国八十八ヶ所遍路が増えてきました。
この当時は地図が無く、38番札所金剛福寺までの方向や距離を示す道標として、この遍路道の基点となる市野瀬部落に「350丁・・・・・」・「比方・・・・・」と記載された道標石が設置されています。この道標石は足摺岬の「一丁・・・」(約109m間隔)まで、設置されていたとのことですが、遍路道や道標石は道路開発等により失われ、現在は約55基の道標石が残っています。



もどる Copyright 土佐清水市観光協会 All Rights Reserved.

出発地点 1.真念道 2.真念庵 3.長野道 4.鍵掛道 5.久百々道 6.ふた浜道 7.大岐東道 9.大岐の浜(トイレ) 8.大岐浜北口 10.ジンベー道駄場道 11.以布利港(トイレ) 12.以布利道駄場道 13.ホウノ谷道 14.伊予駄場 15.窪津鯨道 16.窪津鯨の歴史 17.下駄場道 18.権現道 19.津呂道 20.津呂・大谷地区生垣 21.つばき道 22.赤碆道 23.赤碆東道 24.猪囲い 25.切詰道 26.足摺岬道 第38番札所 金剛福寺